しっかり保湿で肌の健康を守る|アトピー改善方法をチェック

化粧品

肌に合う化粧品を探そう

女性

アトピー肌の人は保湿を重視することが大切です。自身の肌に合うスキンケア商品を探すことをお勧めします。最近は様々な商品が市販されるようになってきているので、手軽に見つけることができるはずです。通販でも購入できます。

詳しくはこちら

化粧品選びは慎重に

化粧水

皮膚のバリアー機能が弱い為に皮膚から異物が侵入しやすいアトピーの人の高い支持を得ている保湿剤が純度の高いワセリンです。また、ワセリンやセラミド配合の化粧品を使用する前にはトラブルを起さないかどうかのパッチテストを行ってから使用するように工夫しましょう。

詳しくはこちら

敏感肌のケア

女の人

現在人気のアトピー肌向けの化粧品は、セラミドを増やして水分をより多く肌に留まらせます。保湿効果によって肌のバリア機能が正常化し、トラブルが減ることがこういった商品の人気の一因です。今後は日ごろのスキンケアが、アトピー肌改善の一つのアプローチとなっていくと予想されます。

詳しくはこちら

敏感なお肌のケア方法

スキンケア

低刺激なものを選ぶ

アトピー体質の人は、肌の水分保持力が低いため、通常の人よりも乾燥しやすくなっています。また、外からの刺激に対するバリア機能も弱いため、刺激を少し受けただけで炎症を起こしやすい場合が多いです。そのため、不足している水分をきちんと補ってあげる必要があります。まず、化粧水での保湿が大切なのですがおすすめはセラミドが配合された保湿化粧水です。セラミドは人の角質層にある成分で、アトピーの人はこれが少ない傾向にあります。また、化粧水の後にも水分を逃がさないために保湿剤をきちんと塗りましょう。保湿剤で効果的なものがワセリンです。ワセリンは刺激が少なく赤ちゃんでも使えます。アトピーには添加物などが極力入っていない肌に優しいケア用品を選ぶことが大切なのです。

選び方と使用の注意点

保湿剤としてしようするワセリンにも種類があります。白色ワセリンと黄色ワセリンです。アトピー肌に人は肌が刺激に弱いため、添加物や余計なものが極力少ない白色ワセリンの方を選ぶようにしましょう。また、ワセリンは酸化しやすい製品です。開けたときから酸化がスタートしてしまうので、使用のときは臭いや色に変化がないかどうか確かめてからにしましょう。また目安として、酸化している場合は黄色っぽい色になっていて、臭いも油っぽいのが特徴です。酸化したワセリンは当然肌にも良くありませんし刺激となってしまいます。開封したら期限を守り早めに使い切るようにしましょう。このような種類と使い方をきちんと知って、乾燥対策をしっかりと行い、アトピーの辛い痒みからお肌を守ってあげましょう。